鶏さんのことやタマゴ,その他いろんなお話
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    << タマゴの殻の色について | main | 養鶏家として >>
    Channel R55さんに行ってきました
    0
       昨日海部郡海陽町にある手延べ麺料理&cafe「Cannel R55」さんに行ってきました。こちらでは当社の「米たまご」を使っていただいております。タマゴのお話をさせてもらうつもりが、おいしい料理をいただき、また大変面白いお話を聞かせていただきました。

       お店は店主の日比さんと奥さんの二人でされています。料理は食材の持つおいしさを活かした、とてもおいしいものでした。奥さんは元気いっぱいの大変すばらしい方なのですが、以前は長い期間、体調を崩されていたそうです。それで化学調味料に頼らない、自然の食材を使った料理を作るようになったそうです。

       できるだけ地元の食材を使って料理されています。また素材の味を活かす調理方法を研究されており、当社のタマゴに関しての意見も聞かせていただきました。4種類あるタマゴはそれぞれ味やコクが違っています。それぞれのタマゴに合った調理法や味付けがあると教えていただきました。特に印象深かったお話は「食材はおいしいことが大切」と言われていたことです。愛情を持ち大切に育てるとおいしくなるということです。
       かなりのボリュームある料理をいただいたのですが、口の中や胃がスッキリしているのも不思議な気がしました。体にしっくりなじむ感じがありました。

       商品をどのように売るか、というお話も大変興味深いものでした。どういった人が当社のタマゴを必要としているのか、その人が欲しい情報をきちんと伝えているのか、どのように表現するのか、をきちんと把握し発信していなければならないと教えられました。

       他にもたくさんのお話を聞かせていただいたのですが、私事ですが、
      うちのタマゴはまだまだ良くなる
      と強く感じました。その為にしなくてはいけない事もたくさんあります。
       また私の味覚はかなり鈍感になっているなと思いました。正しい味覚を取り戻すには最低1年くらいはかかるそうです。
      たっぷり3時間ほどお話を聞かせていただきましたが、全然足りないですね。
       
       皆さんも県南に行く用事があれば、たとえなくても行ってもらいたいです。
      HPアドレスhttp://r-55.net/channel/

      Posted by : 田村 桂樹 | - | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 00:07 | - | - | - | - |
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://tamutama.jugem.jp/trackback/16
        TOP