鶏さんのことやタマゴ,その他いろんなお話
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    << 「とっくりま」に出演してきました! | main | 県南交流会 >>
    WBSをうけて
    0
      とくしまマルシェがワールドビジネスサテライトさんに取り上げられましたね。
      とくしまマルシェに出店させてもらっている私としては、すごくうれしいです!

      たむらのタマゴも取材していただき、ありがたかったです。
      喜んで番組を観たのですが、ガックリきました。
      鶏舎が汚い・・・この時期は蜘蛛の勢いがすごいんですよね。
      まあ言い訳です。反省しきりです。

      ゆくゆくは、見学者を定期的に募って、見学会をしたいとの思いもあります。
      その為にも、いつもキレイに保つよう頑張ります。

      さて、番組放送後にツイッターを見ていたところ、気になるツイートがありました。
      「殻が茶色で黄身が濃い卵って、そういう色がでるようなえさを与えているからであって、栄養がどうのじゃないってのをどっかで読んだ気がする 」

      この方の発言は概ね当たっています。

      ただ、養鶏家としては補足したいこともありますので、書いておきます。

      まず「殻の色が茶色」とありますが、これには飼料(エサ)は関係なく、鶏の種類(鶏種)によって決まります。
      赤のタマゴ(茶色)を産む鶏はそういった鶏種なのです。
      そして、殻の色による栄養価の違いは、ほとんどないとされています。

      次に「黄身が濃い卵って、そういう色がでるようなえさを与えて〜」とありますが、その通りなのです。
      しかしここでも少し補足させていただきたいのです。

      黄身の色を濃くするための飼料はたくさんありますが、うちではパプリカとファフィア酵母を使っています。

      パプリカはビタミンAが豊富で鶏さんの抵抗力を高めます。

      ファフィア酵母にはアスタキサンチンという、強い抗酸化作用をもつ物質(?)が豊富に入っており、鶏さんを健康にします。

      そして一般的に使われているのはカンタキサンチンという、合成着色料です。多量に使用すると人体に悪影響があるとされ、使用量に制限があります。

      これらのどれを使っても栄養価はかわらないと思います。(パプリカのビタミンAはタマゴに移行しているかもしれませんが、私は未確認です)
      そして、黄身の色が濃いからといって、おいしいわけでもありません。
      多くのタマゴにカンタキサンチンが使われている理由は、おそらく安いからでしょう。

      わたしは「安全でおいしい」タマゴを生産したいとの思いから、パプリカやファフィア酵母を使っています。
      ゆくゆくは人参も使いたいと思っています。

      料理は味だけではなく、色でも楽しむものですから、黄身の色の濃さは大切だと思います。
      食欲をそそりますもんね。

      逆に白い黄身のタマゴ「米たまご」も面白い料理やスイーツができていいと思っています。






      Posted by : 田村 桂樹 | タマゴ豆知識 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 21:10 | - | - | - | - |
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://tamutama.jugem.jp/trackback/34
        TOP