鶏さんのことやタマゴ,その他いろんなお話
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    << たむらのタマゴ ここにあり! シリーズ1 【幸楽寿し】編 | main |
    たむらのタマゴ ここにあり! シリーズ2 【よのぜん】編
    0
      うちの養鶏場のタマゴを使っていただいている飲食店様を
      紹介させていただくこの企画、第二回目は徳島県富田町にあります
      「日本料理よのぜん」さんをご紹介させていただきます。

      こちらは独立されてから18年、
      当社とは10年以上お取引頂いております。

      お店の外観、おしゃれです
      お店の外観、おしゃれです


      店内は平日(火曜日)にも関わらず、お客さんがいっぱいでした。
      この日のつきだしは、「たまご豆腐」でした。

      上にとんぶりといくらがのっています
      上にとんぶりといくらがのっています


      たまご豆腐がとんぶりといくらで
      キリッとした味わいでした。


      色々注文させていただいたのですが、やはりタマゴ料理が気になります。
      ということでこちら、

      アオリいかのお刺身温泉卵添え
      アオリいかのお刺身温泉卵添え


      タマゴを絡めながらのお刺身は最高でした。
      そして、よのぜんさんといえば「れんこん饅頭」です。

      れんこんの饅頭にとろっとした餡がかかってます
      れんこんの饅頭にとろっとした餡がかかってます


      当然ですが、家庭では真似できない深い味わいでした。
      かなりの手間暇がかかっているのではと思います。
      もちろんおいしくいただきました。


      そしてこちらが大将です。

      仕事はこだわりつつ遊び心を持って・・・という印象をうけました
      仕事はこだわりつつ遊び心を持って・・・という印象をうけました


      料理人であり経営者でもある大将ですが、何を大切にしてますかと聞くと、
      「何よりもお客様に喜んでいただくこと」とおっしゃったのが印象的でした。
      当たり前のことでしょうが、そのことに本気に真剣に取り組んでいることを感じ、
      僕も強い刺激をいただきました。

      また、「たまごは、メニューとしてはあまり見えていませんが、
      重要な役割を担う基本素材です。ですから、こだわりを持ってつくっている
      たむらさんのたまごが良いなあ、と思って使い続けてます。」
      持参していた白い黄身が特長の「地米(旧名:米たまご)」を見てもらったところ、
      「これは、とても面白い! なんか、新しいメニューができそうな気がする」
      と、うれしい反応。
      「地米」はまだまだ知られていないので、
      もっと積極的にPRする必要あり、とやや反省・・・。

      さて、実は「よのぜん」さんは
      10月からとくしまマルシェにも出店なさっています。
      メニューはカツサンドのみです。
      数量限定なので、マルシェにお越しの際にはぜひどうぞ。

      数量限定阿波牛カツサンド!2000円。次回は来年だそうです。
      数量限定阿波牛カツサンド!2000円。次回は来年だそうです。


      ちなみにうちのお隣の出店者さんも食べていましたが、
      「いままで食べてた肉はなんだったんだろう」と言ってました
      もちろん僕も食べましたが、激ウマでした。

      「日本料理よのぜん」さんの詳しい情報はネットでも検索できます。
      ちなみに来店時に「ホームページを見た」と言うと
      創作デザートをプレゼントしてくださるそうですよ!
      僕も次回は言ってみようと思います!

      よのぜんさんのホームページはこちら・・・
      http://yonozen.jp/




      Posted by : 田村 桂樹 | たむらのタマゴ ここにあり! | 20:27 | - | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 20:27 | - | - | - | - |
        この記事のトラックバックURL
        http://tamutama.jugem.jp/trackback/45
        TOP